外壁リフォームで蘇るマイHOME【住宅の寿命がビョ~ンと伸びる】

塗装

外壁を塗装で守る必要性

定期的な塗り替えが大切

塗装

三重は雨の多い県ですから住宅の外壁塗装をしっかりして、住宅の外壁を保護してあげる事が大切です。外壁塗装をする事で紫外線を防ぐ事ができ、外壁が傷むのを少なくする事が可能です。住宅は外壁によって守られているため、外壁塗装をして雨や紫外線から守る事が重要です。三重は雨が多いだけでなく紫外線の強い地域ですから、住宅の外壁塗装を定期的におこない、住宅のメンテナンスをする事が必要です。外壁塗装を定期的に行う事によって、三重のような外壁が傷みやすい地域でも、住宅の外壁を守る事が可能です。日本の住宅の耐久年数は30年程度だと言われており、住宅の外壁塗装の耐久年数は、新築時に使用されている塗料は5年程度になっています。

住宅が美しくなる

住宅に末永く住みたいと思った場合には、外壁塗装をして外壁を守ってあげる事が必要で、塗装をする事により外壁が綺麗になるため住宅の価値も高まります。住宅の外壁は面積が大きいため、住宅のイメージを変えたい場合にも外壁塗装は効果的です。三重では住宅のイメージを変えたくて外壁塗装をする人も多く、以前に比べると塗装の性能も高まっているため、塗り替える事で住宅が美しく見えます。塗装のメンテナンスサイクルとしては、サイディングやALCパネルは10年程度で塗り替えが必要になります。外壁部分で木材や金属がある場合は、3年から5年程度で塗り替えが必要になるため、早目の塗り替えをする事が大切です。外壁にクラックやひび割れが発生したら雨漏りの原因になるため、すぐに外壁塗装をする事が肝心です。